読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編 刑事・ミステリー小説

ちょっとしたミステリーや人間の心理を観察することが好きな方は是非一度ご覧を

「贖罪の過去」 第二章  捜査開始!被害者宅から発見された驚愕のものとは!?

「贖罪の過去」

第二章

桜子は新米刑事である津上翔一を引き連れて、一課の刑事と共に現場に急行した。そこで見たものは、昨日まで自分が話していた人物とは思えない血色の変わった旧友の無残な姿であった。捜査に私情を挟んではいけない事も誰よりも理解していたが、桜子は暫く呆然としていた。その様子を見ていた翔一は察したが、上司に活を入れるような大きな声で捜査情報を報告した。

「被害者の名前は岩城俊、検察官だと分かりました。第一発見者のアパートの管理人によると、今朝六時頃この駐車場に来てみたら俯せに倒れていたそうです。凶器らしき物は見当たりませんが、背中を鋭利な刃物によって刺された跡があったので刺殺と思われます」

 桜子は普段からは窺えないようなか細い声で部下に応答した。

「そう…。死亡推定時刻は…?」

「鑑識によると昨夜の九時頃だそうです。状況からして、通り魔の犯行でしょうかね」

 桜子の返答を期待していた翔一であったが、上の空である様子を見て核心を衝いた。

「やはりあの被害者は桜子さんのお知り合いですね?」

 ようやく反応して顔を向けた桜子は、先刻よりも覇気の籠った声で翔一の質問に答えてみせた。

「ええ、そうよ。昨日、中学生の時以来に偶然彼と出会ってお茶を飲んだばっかり。だから少しショックが大きかったの、ごめんなさいね。もう大丈夫だから」

 そうは言うものの、普段の上司はまだそこにはいなかった。それでも若干立ち直った好機を翔一は見逃さず、岩城について何とか聞き出そうとしていた。

「その時の岩城さんに変わった様子とかはありませんでした?」

 この質問には桜子は即答した。

「あったわ、岩城君は誰かに殺される事を分かっているような口振りだったもの」

「どう言う意味ですか?」

「何気ない会話の中で『俺は殺されても仕方のない人間だ』と確かにそう言ってた…」

「それについて他には?」

「何も聞かなかった、他人が介入すべき事でもないと思ったからね。けど今は心底、後悔している」

翔一と桜子はアパートの二階にある岩城の部屋へ訪れた。内装は家宅捜索を行うのに抵抗がある程、整理整頓が隅々まで行き渡っていた。それでも、事件解決の手掛かりがあるか否かを捜査するために致し方なかった。

「桜子さんこれ見て下さい」

 翔一が早速デスクに置いてあった写真立てに目を付け上司に報告する。

「岩城さんと一緒に写っているこの別嬪さんを御存知ですか?」

 写真立てを手に渡され桜子の美顔が渋ったようになる。

「心当たりはないわね。岩城君に恋人でもいたのかしら?」

 翔一は写真の女性を携帯電話で撮影して画像を保存すると、ひとまずその事は置いておき再び部屋の節々を探索してみた。暫くすると、掛けてあったコートの内ポケットから今度は桜子が何かを発見した。

「同窓会の招待状だわ。でも、小学校のようね」

 小学生の時はまだ岩城と出会う以前の事なので、当人がどのような人物かを桜子は把握していなかった。今回の事件に関連している可能性を直感すると、封筒から便箋を取り出してその内容に目を通した。

「同窓会は一昨日に行われたみたいね。場所は割と近くの居酒屋で、送り主は幹事を務める西沢雄貴」

「桜子さんこれを」

 急に現れた部下が上司の目の前に差し出した物は、何の変哲もない冊子であった。

「日記か何かかしら?」

「違います。中を読んで見て下さい…」

 翔一の強張った表情を窺った桜子は不審に思い、急いで頁をめくってみた。その内容を読まずとも、文字が目に入った瞬間全身に寒気が走ったのであった。一面に寸分の隙間なく、岩城の悲痛な叫びとも言える同じ言葉が無数に羅列していたのである。

「『俺は最低の男』…。彼に何があったと言うの…?」

「狂気の沙汰ですね。その頁だけでなく、最後までびっしりと書かれています。そして同時にある仮説が生まれます」

 桜子は翔一の思い浮かべる仮説を代弁する。

「岩城君は自分が殺されても仕方がないと思うほどの何かをしてしまった…」

「ええ。しかしそれがまだ事件と関係しているかどうかは分かりません。ところで、その手に持っている物は何でしょうか?」

 桜子は翔一にも同窓会の招待状を見せた。

「なるほど、この同窓会で岩城さんに何かあった可能性は高いですね。まずはこの西沢と言う男から当たってみましょう」

 珍しく率先する翔一に、桜子は何処か暗い表情で只々付いて行った。招待状に書いてある西沢の住所を見ながら階段を降りていると、翔一は管理人室の前で一旦停止した。

「どうしたの?」

「管理人さんに少し聞きたいことがありまして」

 呼び鈴を鳴らすと飄々とした老爺が扉の隙間から顔を覗かせた。

「ああ、先程の刑事さんですね。どうもご苦労様です。何かまだ御用ですか?」

「ええ。実は亡くなった岩城さんの事なんですが、彼は最近になったここに越して来たんじゃありませんか?」

「そうです、一週間程前に。よく御存知ですね」

 不可思議な目で部下を見つめていた桜子は、すぐに疑問を尋ねる。

「何でそんな事が分かったの?」

「彼の部屋の戸棚を調べて見たところ、菓子折りが幾つか積んでありましたのでそうではないかと。ところで管理人さん、岩城さんの前の住居先を御存知でしょうか?」

 年配の管理人は暫く唸りながら思い返していたが、岩城の前住所を把握しているのは直接に会社契約を結んだオーナーだけだと言う。

「では最後にもう一つだけ。彼がここに越して来た理由等は御存知ないですか?」

 この質問にも管理人は翔一の期待には応えられなかった。

「すいません、特に何も…」

「そうですか。御協力有り難うございます」

「あ、ちょっと待って下さい刑事さん」

 立ち去ろうとする翔一と桜子は呼び止められた。

「何でしょう?」

「先程の聴取で言いそびれたことがあるんです。実は私、昨晩に怪しい人が駐車場から立ち去る所を見たんです」

 互いに目を見張った二人で先に落ち着いて応答したのは桜子であった。

「それは何時頃でしたか?」

「二十一時前後だったと思います」

「顔は見えましたか?」

「暗かったのではっきりとは見えませんでしたが、女性だったと思います」

 新たな情報を手にして外に出た二人であったが、今は西沢の自宅に行き同窓会での出来事の聞き込みをするのが先決であった。

「何であんな質問をしたの?」

「あんなとは?」

 翔一は足を止めて桜子の方に振り向く。

「岩城君が引っ越して来た理由が事件と何か関係あるって言うの?」

 止めた足を再び進ませて翔一は桜子の質問に答える。

「引っ越してきて間もない人物が、ここで殺されたと言うのがいささか不審に思いまして。あくまで推測ですが、ここに越して来た理由が岩城さん殺害と何か関係があるのかもしれません」

「けど、通り魔の犯行の可能性だってあるのよね?」

「だからまだ推測の域なんです」

 翔一の私見を聞き終えた桜子は今までにない険しい表情を見せると、部下に諭すように言い聞かせた。

「けど、誰が犯人だろうと私はその人物を決して許さない。何が何でもこの事件を解決しないと、私は岩城君に顔向け出来ないわ」

 桜子の決意表明を聞いた翔一は普段の上司が戻ってきたことに笑みを浮かべて、西沢の自宅へと進む足が一段と速くなったのであった。

続く

「贖罪の過去」 第一章 被害者の抱える「贖罪」の念とは? 短編ミステリー小説初公開!

*1

「贖罪の過去」

第一章

 警視庁捜査一課の沢渡桜子は久方ぶりの休暇を取っても、決して羽目を外そうとは思っていなかった。警察官と言う因果な仕事に就いた以上、たとえ休みであっても一日にして市民安全を第一とする心得を忘れてはいけなかったからである。単純ながら誰よりも肝に銘じていたその惹句が、一課が彼女の多少の粗暴にも目をつぶる大きな要因だったのかもしれない。

しかしながら中学生時代の旧友に出くわした事が、今日の彼女の信念を懐かしさの余り暫く吹き飛ばしてしまった。積もる話もあるため、半ば桜子は強引にその友人を最寄りの喫茶店に引っ張って行き、お茶をしていたのである。

「本当に久しぶりね。十二年ぶりかしら?」

「卒業の時以来だから十一年ぶりだよ」

 桜子と同じクラスであった岩城俊は、彼女と同様に旧友と会えたことを嬉しく思いながら話をしていた。

「沢渡は国家公務員Ⅰ種の試験をパスして警視庁の警部か、すごいじゃないか。あの時の御転婆ぶりからは想像も付かないけどな」

 含みのある岩城の発言にも桜子は笑って応対した。

「今はお淑やかになっていますからご安心下さい。それにあなただって司法試験に受かって検察官になったんでしょ?」

「まあな。犯罪者を許せないって言うだけの幼稚な動機で上り詰めたって感じだけど」

「それが一番大切な事じゃない? あなたにとっても私にとってもね」

 互いに笑みの眉を開いていると、注文したコーヒーを持ってきたウェイターが一時会話を遮った。カップを口に持っていきながら、桜子が再び話に戻る。

「ところで、あなた結婚はしたの?」

 若干吹き出しそうになった岩城であったが、すぐに立て直した。

「何だよ、藪から棒に。どうでも良いだろ、そう言うお前はどうなんだ? あ…お前にとっては野暮な質問だったか」

「どう言う意味よ、それ」

 桜子はカップを置くと話題から少し逸れた話に入った。

「だけど警察も検事も因果な仕事だからね、所帯を持つと家族の事も心配だから安易に結婚なんて出来ないわ。人の命の危険を伴う仕事にうんざりする事ってあなたもあるんじゃない?」

 岩城は急に真摯な目を向けて桜子に言い放つ。

「ないな。たとえそれで誰かに殺されたとしても俺は本望だと思っている。それに…」

 何か言いたげな言葉を発した岩城に桜子は詰め寄り、何処か重々しいその口を開かせた。

「俺は殺されても仕方のない人間だ」

 押し殺したような声で口にした台詞から桜子は当然何かを察していた。しかしこれ以上は自分が追及すべき問題ではないので、話題を切り替えて笑談に再び戻したのであった。その後すぐに岩城とは別れて、桜子も帰路についていた。岩城のあの台詞がどうしても頭から離れないでいたが、翌日出社した時にはもう忘れていた。岩城が死体となって発見されたと言う通報が入るまでは。

続く

*1:主要な登場キャラの名称は当時好きだった仮面ライダーに出てくる人物と同じになっておりますので悪しからず